GAMES

初心者でもすぐ遊べる!World of Tanks 戦車兵講座 [初級編] :戦場での基本的なふるまいを覚えよう

「World of Tanks*」 の基本的な遊び方

キーボードとマウスで基本的な操作ができる手軽さが魅力の本作ですが、戦っていくためにはいくつかのセオリーがあります。ここではそのいくつかを紹介しましょう。

1. ゲームスタート時

ゲーム開始時に味方本拠地に味方のすべての車両が配置されます。ここから 「移動 → 索敵 → 攻撃」 と、順を追って行うわけですが、各戦車の種類によって移動のパターンが変わります。詳しくは各戦車の解説で行いますが、大きく分けて軽戦車は偵察、中戦車・重戦車は進撃、駆逐戦車は待ち伏せ、自走砲は支援射撃です。

敵を発見しないと攻撃できませんので、まずは軽戦車を先行させ、敵戦車を探します。ここで見つかった敵戦車が軽戦車で相手できる車両ならいいのですが、基本的に歯が立たないと思った方がいいでしょう。このため軽戦車をサポートできる距離まで中戦車が進みます。重戦車も同様に移動しますが、移動速度が遅く、前線で戦端が開いたタイミングではその場にたどり着けていないことも多いのです。中戦車で敵を撃退できればよし、そうでなければあとから続く重戦車や自走砲に撃滅してもらわなければなりません。

  • 色々なマップを遊んでいるうちに有利な場所が分かってきますが、よく分からない場合は味方の多い方についていけば容易に接敵できます。
  • 軽戦車で重戦車と対峙した場合、その重装甲を貫通ことは容易ではありません。機動力で翻弄してすぐに退避しましょう。

2. 敵戦車との遭遇時

いざ敵と遭遇したら攻撃するわけですが、攻撃前は敵から見えていなかったとしても、攻撃により自分の位置が露見する可能性が高く、露見すれば敵側から攻撃されます。このため攻撃後直ちに隠れる必要があります。このように攻撃して隠れてまた攻撃するということの繰り返しが基本的な流れになります。

また、自戦車の砲撃の貫通力が弱い場合は、正面から狙っても弾が弾かれてしまうことがあります。弾かれるとダメージをまったく与えられないので、攻撃の際にはできる限り敵の弱点 (装甲の薄い場所) を狙いましょう。弱点のある部位は戦車によって違いますが、一般的に砲塔より車体の方が装甲が薄いことは覚えておきましょう。また、側面や背面の装甲は正面に比べて薄くなっている場合が多いので、なるべく横や後ろに回り込んでから撃つとよいでしょう。側面や背面の車体ですら貫通できない場合には履帯 (キャタピラ) など、相手戦車の性能低下を狙える場所を攻撃することになります。

敵を発見した場合、敵との間に障害物のない状況では敵にもまた自分が見えていると考えるのが妥当です。そうなると攻撃されるわけですが、この場合、すぐに隠れるか撃たれるにしても装甲の厚い場所で受けてなるべくダメージを少なくする必要があります。また、戦車には履帯やエンジン、砲などの破壊可能な部位があり、そこを破壊されると戦車の性能が低下、いわゆるバッドステータスを受けます (履帯破壊なら移動が一定時間不可能になるなど)。時間により自然回復するものとそのゲーム中ステータス低下が続くものの 2 種類があります。また、これらの状況を瞬時に回復させるアイテムもあります。

  • 重戦車といえどもムダに敵に姿をさらすのは得策ではありません。撃ったら隠れるといった流れを忘れないようにしましょう。
  • エンジンを敵に撃ち抜かれると、履帯を破壊された場合と同じように移動できなくなります。回復には時間の経過を待つか、修復キットを使う必要があります。

3. 視界内の敵戦車をすべて破壊した時

近くの敵をすべて破壊した場合は 1. に戻って再度移動と偵察を行います。この一連の流れを繰り返し、敵チームの戦車をすべて破壊するか、敵本拠地を占領することで勝利することができます。

  • マッチングは自分の Tier + 2 までで行われます。ただし軽戦車のみ特殊ルールで、Tier IV 以上の軽戦車は 3 段階上の戦場にマッチングされることがあります。このような場合攻撃で戦況に貢献するのは難しいので、敵に見つからないように偵察を続けましょう。
  • 消耗品ですが、ガレージ画面では修理キットを購入することもできます。